もったいない水素水の話

2019.05.21

水素水の話を患者さんや知人などにすると、案外知っている人が多い。

しかも「飲んでいた」「飲んだことがある」という人も。

けれど継続している人は少ない…。

 

飲むのをやめた人に理由を聞いてみると

「効果をそれほど感じなかった」とか「めんどくさくなった」など、ありがちな理由でした。

「効果をそれほど感じなかった」という人に飲み方をうかがうと、やはり「キチンとした飲み方が出来てない」ということと、「飲んでいた期間が短い」という共通点がありました。

 

水素水から水素が抜けていきやすいのと同じように、体内に入った水素も同じように「抜けていきやすい」のです。

ということは「こまめに飲む」という飲み方が必要になってきます。

 

「キチンとした飲み方が出来ていない」のであれば、いくら飲む期間を伸ばしても効果は出にくいでしょうね。

すごく勿体ないと思います。