Q&A 日常生活編 

このページでは、みなさまから寄せられた質問、患者さまからよくある質問に対して、わかりやすく解説しています。

(随時更新中)

 


枕が合わないのですが、どんな枕が良いのでしょうか?

バスタオルなどをたたんで、その日の状態に合わせて高さを調節しましょう。

人の身体は日々、状態が違います。頚の角度や頚椎の配列状態も、筋肉の疲労度も緊張度も、日々の生活の姿勢や動作で微妙に変わります。ということは、毎晩、毎晩、枕は「適切な高さが変わる」ということです。身体の状態が変わっているのに、毎晩同じ高さの枕に寝るということ自体に無理があるんですね。ですから、その日の身体の状態に合わせて、一番しっくりくる高さの枕を自分で作れば良いワケです。

より詳しくはこちらの記事をお読みください → シンデレラのまくら

 


高い枕で寝るのが楽です。高い枕は身体に悪いと聞いたのですが、本当ですか?

高い枕は「頚椎」を傷める恐れがあります。

高い枕の姿勢では首筋を首筋を引き伸ばし、頚部の筋肉から背中、肩甲骨にかけての筋肉に負担が大きい姿勢になります。習慣化すると、頚椎の関節を傷めたり、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎自体の変形の原因になることもあります。

夜、寝る時以外でも、ソファーで大きなクッションを枕がわりにして寝ている方もいるようですが、注意が必要です。

より詳しくはこちらの記事をお読みください → 高い枕や横向きで寝ることの弊害

 


うつ伏せでしか眠れないのですが、どうしたら良いでしょうか?

「うつ伏せ」で寝ることはおススメできません…。

うつ伏せだと右か左かへ顔を向けて寝ることになりますので、かなり首を捻った状態になります。習慣化すると「左右どちらかしか向いてしか眠れない」という状態になりやすいです。捻った状態ですから、頚部の筋群、関節、靭帯などへの負担が大きく、首こりや肩こりの原因になりますし、将来的に頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症へ進行する可能性があります。

より詳しくはこちらの記事をお読みください → え? アナタ、うつ伏せで寝てる人??