NHK「ガッテン!」で紹介  ~後頭下筋群~ 

なかなか治らないものは「根が深い」

 

マッサージなどで揉みほぐしてもなかなか治らない肩こり、首こりなどで、

頭痛や耳鳴り、めまいなどの自律神経症状を併発するタイプのものでは、

原因の「根が深い」ものが結構あります。

 

それらの中には後頭部と首の付け根に位置する「後頭下筋群」に問題があるものもあり、

「首コリの原因は後頭下筋群」として NHKの『ガッテン!』で紹介されました。

気になる方は下記タイトルを検索してみてください。

(※2019年2月13日(水)放送 “新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP にて)

 

後頭下筋群の解剖

下図は「後頭下筋群」の図です。

 

 

後頭部から頚椎にかけての「深い」ところに位置しています。

 

寝違えや日常生活での疲労、作業時・就眠時の不良肢位、

交通事故(いわゆるムチ打ちなど)やスポーツによる外傷などで、

頚椎を含めたこの部へのダメージの蓄積により、後頭下筋群に障害が発生します。

 

特にこれらの筋群が硬くなりすぎ、変性・線維化したものは

「筋硬結」とか「トリガーポイント」と呼ばれ、様々な症状につながります。

 

(後頭下筋群のトリガーポイントによる頭痛発生の例)

この部の「筋硬結」、「トリガーポイント」は、

痛みや肩こり、頭痛、耳鳴り、眼精疲労、その他の自律神経症状などにもつながると言われていますが、

レントゲンなどでは異常をみつけられないため「原因不明」と片付けられていることもあるようです。

 

 

後頭下筋の治療

上記のような問題が発生した「後頭下筋」の治療には、

▶ 後頭下筋のトリガーポイントに生理食塩水を注射する

▶ 後頭下筋のマッサージ (※深い部にあるのでアプローチが難しく注意が必要)

▶ 後頭下筋への鍼治療

…などがあります。

(※ 興味のある方は「後頭下筋」、「トリガーポイント」で検索すると色々とみつかると思います。)

 

 


 

 

当院では、後頭下筋群の問題発生の原因を

「上位頚椎の偏位」によるものとして捉え、後頭下筋群を含めた頚椎へのアプローチを行っております。

頚椎の「ズレ」を元に戻しつつ、後頭下筋群の筋線維配列、筋線維間潤滑を取り戻すための処置となります。

 

 

※ しっかりと治したい方は、以下の記事もあわせてお読みください。

● 頭痛、片頭痛と併発症状

● トリガーポイント(筋筋膜性疼痛症候群)

● 頸椎配列異常(アライメント異常)による諸症状

● 肩こり治療のポイントは〇〇

 


ご相談、お問合せはお電話(06-6334-0086) または以下のお問合せフォームからお願いいたします。

https://funa-in.com/contact/