首こり病 首性神経筋症候群 頚性うつ とはどんな病気ですか?

2023.10.28

首こり病 首性神経筋症候群 頚性うつ とはどんな病気?

肩こり、首こりがひどい。

しかも頭痛やめまい、吐き気、なかなか取れない疲労感などが長く続き、

不眠や耳鳴り、多汗、ホットフラッシュなどの自律神経失調症状もある…。

このような状態の方は「首こり病」、「頚性神経筋症候群」といわれることがあります。

 

さらに、このような状態が続いて悪化すると、いわゆる「うつ」の症状も併発するようになり、

「頚性うつ」という状態に陥ることがあります。

※上記キーワードで検索するとたくさん情報が見つかります。

 

これら、「首こり病」、「頚性神経筋症候群」、「頚性うつ」の患者さんは、

後頭部から首筋、肩甲骨の周囲から背中の筋肉のコリ、硬さがあり、

これらの筋群に対して治療する(頚筋治療)と効果があると言われています。

 

【頚筋治療を行う筋群の例】

特に「頭半棘筋」、「頚棘筋」などは、頚椎、胸椎の横にある「自律神経節」に影響を与え、

自律神経失調症の症状をあらわすことが多く、治療ポイントとしては重視されています。

 

 

頭痛と後頭下筋群

頭痛や頭重感などを併発している場合、「後頭下筋群」や「頚椎のズレ」などが関わっているものが多くみられます。

 

 

 

 

当院では、「首こり病」、「頚性神経筋症候群」、「頚性うつ」の原因をこれらの筋群だけでなく、

「頚椎のアライメント不良(配列の乱れ、歪み)から来る頚筋の過緊張」と考えて治療を行っております。

 

頚筋治療と頚椎治療の例

 

 


ご相談、お問合せはお電話(06-6334-0086) または以下のお問合せフォームからお願いいたします。

https://funa-in.com/contact/