妊活に必要なこと ~自律神経チェック~

2020.01.27

私たちの身体の中で、内臓や血管など意識的に動かせないところは自律神経(交感神経と副交感神経の二つがあります)の調節を受けています。

それは男性でも女性でも同じで、

自律神経の働きが整っていて内部環境が良い状態が「妊娠のための基礎」としては必要なんですね。

(こちらの記事を参考に → 妊活に必要なこと ~自律神経とリラックス~ )

上記に記事にも書いたのですが、自律神経のバランスが崩れると様々な症状が出てきます。

妊活の大敵である「冷え症」も自律神経の乱れからくるものが多いんですよね。

 

 

自律神経チェック

まずはご自身の自律神経の状態を知っておきましょう。

下の「東邦大式医学指数問診票」でセルフチェックしてみてください。

 

東邦大式医学指数問診票

 

質問項目は、「肉体的症状」と「精神的症状」の2つのカテゴリーに分かれています。

どちらも「はい」が10個以下であれば心身ともに正常と思われますが、

それぞれ11個以上あると自律神経のバランスが過度に崩れていると考えられ、

「はい」の数が多いほど自律神経失調症の可能性が高まります。

 

セルフチェックされる前に読んでおいてほしいことがあります。

質問には出来るだけ「素直」に、「正直」にこたえてください。

というもの「ストレスが溜まっている自分を認めたくない」という気持ちが働いて、

きちんとした結果が出ない方もおおいんです。

ですから「素直」に「正直」に答えてください。

セルフチェックですから、誰にも見せなくても大丈夫ですし。

 

僕も「アナタ、自律神経が乱れてますよ!」、「自律神経の病気かもしれませんよ!!」と

おどしたいワケではありません。

ただ「自分の状態を知ってもらいたい」というだけです。

状態が分からなければ打つ手が見えてきませんし、

多くの方が自身の状態が分からないため、適切な方法を取れていなかったりしますので。

 

自律神経のバランスの崩れの原因のほとんどは「ストレス」です。

動物が生きていくためには「適度なストレス」が必要なのですが、

「過度のストレス」は身体と心を痛めてしまいます。

うまく「ストレス」を緩和させ、身体と心を「リラックス」させることが

妊活には重要なんですね。

 

(こちらの記事も参考に → NHKドキュメンタリー 「ストレスの真実」 )

 


 

ご相談、お問合せはお電話(06-6334-0086) または以下のお問合せフォームからお願いいたします。

https://funa-in.com/contact/