ストレスと「ししゃもの腹」と「しかめっ面」

筋肉は鍛えられるとボリュームが増えて引き締まったものになります。
触ると「カチンカチン」になっています。
これは日々のトレーニングの効果です。

運動選手のふくらはぎはよく鍛えられていて発達しているので、
まるで「ししゃもの腹」みたいで美味しそうです。
とても早く走れそうです。

 

顔には表情を作る筋肉があり「表情筋」と呼ばれています。

表情筋にもたくさんあって、目を閉じる「眼輪筋」やら、笑顔を作る「大頬骨筋」「笑筋」、

唇を閉じる「口輪筋」などなどがあります。

眉間には「皺眉筋(しゅうびきん、すうびきん)」という筋肉があり、この筋肉が収縮すると「眉間にシワ」を作ります。

いつも怒ってたり、ストレスによって「しかめっ面」ばかりしている人は、

この「皺眉筋」をいつも使っているのでこの筋肉がよく発達しています。

触ると硬くなって「カチンカチン」になってます。

ある意味、日々のトレーニングの効果です。

けれどストレスのたまり過ぎなのかもしれません。

 

日々の臨床の中では「患者さんの顔」はよくみるようにしています。

身体の状態だけでなく、メンタルの状態も把握しておかねばなりません。

 

エステなどで「お顔のマッサージ」を受けると、こわばった表情筋が柔らかくなり、心地よい刺激で脳にフィードバックがかかって、ストレスが緩和するという報告があります。

ストレスコントロールとして活用するのも良いかもです。

 

「ストレスは万病のもと」です。

うまくコントロールしたいものです。

 

【追記】

ネットやSNSなどで「表情筋の発達部位」を見てると、

「無理した作り笑顔やな~」とか「ストレス溜まってんな~」とか、見えてくることがあります。

「表情筋」の過緊張、こわばりは顔にシワを固定させます。

たまにはご自身の顔を鏡で見て、どんな状態かを観察するのも良いかもしれませんね。