顎関節症と首の傾きと顔のゆがみ

「顎関節症」では、口を開けると顎がガクガク鳴ったり痛みが出たり、食べる時にものを噛むと痛かったりします。

これは左右のアゴの関節の動きに差が出てズレているからで、「ズレ幅」の大きい側に痛みが出たり、ガクガクすることが多いです。

そしてアゴのズレには「首の傾き」が関わっており、顎関節症を治すには首を真っすぐにすることが必要です。

(参考: 顎関節症の分類 )

 

顎関節はどのような仕組みになっているのか?

アゴの関節は凹の形をした「下顎窩」に、凸の形をした「下顎頭」がはまり込むように出来ており、その間に「関節円板」が挟まった構造をしています。

 

 

 

口を開ける時に下顎頭は前に移動し、その際にクッションの役割を果たす関節円板も少し移動します。

 

 

顎関節症発生のメカニズム

関節円板の位置が正常範囲の移動であれば問題ないのですが、関節円板の摩耗や変形、アゴの関節周囲の靭帯の緩みなどがあると関節円板はズレ過ぎてしまいます。
この時に痛みが出たり、ガクガクした感触(クリックという)や音が鳴ることもあります。

このように関節円板の問題による顎関節症もあれば、筋肉や靭帯の問題、下顎窩や下顎頭など骨の部分の変形からくるものもあり、とても複雑な病態です。

原因も、外傷(殴られたとかアゴの関節の脱臼とか)など原因のはっきりしているものもあれば、「噛み合わせ」の悪さによるもの、「いつのまにか、徐々に発症」というご本人には原因がはっきりしないものまでいろいろです。

外傷から始まるものであれ、原因のはっきりわからないものであれ、共通しているのは「顎関節のズレ」です。

顎関節は左右にあり、両方が同時に動くことで口を開けたり噛むことが出来ているのです。

左右どちらかの顎関節にズレが生じると、少しずつ反対側にもズレが起きてきます。

ズレは、左右のどちらかで噛む「片噛み」がクセになって起こったり、首の傾きからアゴの位置が悪くなることからも起こったりすることがあります。

 

 


首の傾きと顎関節

正常であれば、頭の軸と顎の軸は真っすぐにそろいます。

 

首のズレがあると、頭の軸は傾いてしまいます。

 


首のズレと頭の傾きと顎関節症と顔の歪みとの関係

頭の傾きが生じると、あごの位置がずれてしまいます。

アゴの骨(下顎骨)は、頭の骨(頭蓋骨)と顎関節で連結されているのですが、

いくつかの筋肉と靭帯によって「吊り下げられた状態」になっています。

 

 


アゴ(下顎骨)は、いわば「測錘」のような役割を持ちますので、

正常であれば真っすぐに位置します。


ですが、頭が傾き過ぎると(首のズレによることが多い)、

頭蓋骨とアゴ(下顎骨)の軸が相対的にズレてしまいます。

すると、頭が傾いた側の「逆側」の顎関節のズレが大きくなり、

顎関節の不安定性(顎関節症初期)を起こしやすくなり、「顔全体のフォルムに歪み」を起こします。

 

片方の顎関節にズレが生じると、徐々に反対側の顎関節にもズレが出てくるようになります。

顎関節のズレは痛みやクリック音などの症状だけでなく、「顔の歪み」などの美容上の問題にもなりますので、出来るだけ早めの処置が良いかと思います。

 


※ 顎関節のズレ、顔の歪みなどは、食事の際の「片噛み」だけでなく、就眠時の寝方などによっても起こります。

軽症であれば習慣を正す事で改善できる場合もあります。(以下の記事も参考になさってください)

→ え? アナタ、うつ伏せで寝てる人??

→ え??  アナタ、まだ うつ伏せで寝てる人???

 


歯科での治療としては「マウスピース」などを使って症状を抑えていくのですが、首の傾き、ズレの問題がある場合は頚部のアライメント(配列)も整えながらアゴの位置を正常に戻していく、ということが必要となります。

このように顎関節症の方は、『アゴの問題』と『首の問題』が合併していることが非常に多く、首の問題からくる「肩こり」、「めまい」や「頭痛」、「耳鳴り」や「自律神経失調症」などの症状も合併し、「どこで診てもらったら良いのかわからない…。」という方が多いようです。

なかなか取れないアゴの痛みでお困りの方は首の問題が考えられますので、一度当院へご相談ください。

治療のための確認事項

1.顎関節の状態確認

「ズレ」の方向、移動幅、痛み・違和感の有無、顎関節運動に関与する筋群の触診

2.頚椎の状態確認

(顎関節のズレには頚椎の歪みが関係している場合があります。その場合、顎関節の治療だけでは安定化しづらいため頚部の治療も行う必要があります。)

3.日常生活習慣

直接的な顎関節への打撃によるズレでない場合、「日常生活習慣」によるズレがほとんどです。

「片噛み」、「横寝」はその代表的なものですが、それ以外に顎関節に悪影響を及ぼしている習慣動作を探します。

 

(こちらの記事も参考に ⇒ 手強い顎関節症とフランスパン )

 


ご相談、お問合せはお電話(06-6334-0086) または以下のお問合せフォームからお願いいたします。

https://funa-in.com/contact/