「不妊」と「整体」「骨盤矯正」

2022.12.23

「整体」とか「骨盤矯正」

不妊治療をされている方は、メインとなる治療だけでなく、

色々なことを試していることも多いようです。

 

「鍼灸」や「漢方」

「サプリメント」や「ヨガ」など、効果がありそうなものを試されている方も多いのではないでしょうか?

 

「整体」とか「骨盤矯正」というのもよく見かけますね。

さて本当に効果があるのでしょうか?


 

残念ながら「整体」や「骨盤矯正」が不妊に効果があるというエピデンスは少ないようです。

しかし、いくつかの事実を組み合わせて考えてみると、

骨盤や骨格の歪みが内臓の機能低下を引き起こし、不妊の原因となっている可能性が出てきます。

 


「肩こり」や「腰痛」と「歪み」

骨格の歪みや筋肉のバランスの崩れが原因となっているものの代表例ですね。

頚椎や腰椎、骨盤などが歪めば、そこに付着している筋肉の硬さが増し、

「肩こり」や「腰痛」などの症状が出てくることは考えられます。

これらの症状があるということは、「歪み」があるということになります。

※ こちらの記事を参考に → 筋肉が硬くなる原因 ~骨格のズレ~

 


「頚椎」と「椎骨動脈」

以前のブログで「頚椎の歪み、捻じれは、脳へ血液を送る『椎骨動脈』を痛め、脳血管の機能障害を起こす可能性がある」

ということをご紹介しました。

※ こちらの記事を参考に → え? アナタ、うつ伏せで寝てる人??

このことからわかるように骨格の歪みや捻じれは、

筋肉などの運動器系だけでなく「血管系」にも影響を及ぼすことがわかります。

その他にも骨格の歪みや捻じれから起こる「椎間板ヘルニア」などは

「神経」が障害され、痺れや麻痺を起こすことがあります。

 

つまり、骨盤や骨格の歪みは筋肉や関節の痛みや障害だけでなく、

「血管」「神経」にも様々な問題を惹き起こす可能性があるワケです。

 


「脊柱側弯症」と「呼吸障害」

脊柱を身体の前後方向軸で見た場合に、左右に曲がっている状態を「脊柱側弯症」といいます。

「左右の肩の高さの違い」、「首(頭)が傾いている」、「骨盤が傾いている」などが見た目で観察されることがありますが、実際には脊柱が捻じれているため、「肋骨の形状」にも変化がみられるようになります。

肋骨は呼吸運動に関わりますので、肋骨の歪みが大きくなり過ぎると息を吸ったり吐いたりするのがしんどくなったり、重症になると肺に水が貯まる「胸水症」がみられたり、「無気肺」といって肺が膨らまなくなってしまうこともあります。

これも「骨格が内臓や血管、神経に影響を与える」という例です。

 

 


骨盤は「容器」

 

さて、話を「不妊」に戻しましょう。

 

卵巣や子宮など、妊娠に関わる臓器は「骨盤の中」にあります。

つまり、骨盤は臓器を入れている「容器」なワケです。

容器の形が正常であれば、

その中に納まっている臓器も血管も神経も、正常な場所に位置するはずです。

 

逆に言えば、容器の形が歪んでいれば(つまり骨盤が歪んでいれば)、

その中に納まっている臓器も血管も神経も、歪んだ状態で位置することになります。

 

つまり骨盤の中で臓器や血管や神経が、

ある場所は圧迫されたり、ある場所は捻じられたり、ある場所は引っ張られたりという状態になるワケですね。

そのような状態になれば、臓器への血流が悪くなり酸素や栄養がうまく供給されなくなるでしょうし、

そのような状態が長く続けば臓器の機能低下を起こし、不妊の原因となる可能性は高くなります。

(※ 「お腹の冷えが不妊の原因」と言われる人はこのようなパターンであることが多いです。)

 

ですから、

「肩こり」や「腰痛」などの症状があり、

「お腹に位置する臓器」にまつわる症状がある(例えば、胃の痛みや便秘、生理痛、月経不順など)

などに当てはまる方は、

「骨盤の歪み」が妊娠を妨げているのかもしれません。

 

(お困りの方は、初回の無料カウンセリングをご利用いただくと良いと思います。問診、各種スクリーニングを受けていただいた後、治療法、治療の組み立てをご相談させていただきます。尚、初回カウンセリング時の治療は行っておりませんのでご了承ください。)


ご相談、お問合せはお電話(06-6334-0086) または以下のお問合せフォームからお願いいたします。

https://funa-in.com/contact/